2016年

2月

04日

【エクセルで文字数に合わせてセル幅や行の高さを自動調整する】

 

Excel のセル内に入力した文字数によって、セルの幅よりも文字が大きくはみだしていたり、途中で途切れていたりします。

 

他にも、文字数に対してセル内の余白が多いと、シート全体が閲覧しにくいです。全てのセル幅を一度に自動調整すると、楽で見やすい表を作成することができます。

 

 

 

  1. 表全体を選択し、タブ「ホーム」-「書式」をクリック

  2. 内にある「行の高さの自動調整(A)」又は「列の幅の自動調整(I)」のどちらかを選択

 

 

 

  • 「列の幅の自動調整」とは選択した列に入力されている文字列で一番長い文字列の幅に合わせてくれます

  • 「行の高さの自動調整」とは選択した行に入力されている行数で一番大きい行数に行の高さを合わせてくれます

 

 

****************************

 

藤沢・辻堂・平塚・大磯・茅ヶ崎・鎌倉でパソコンを習うなら!

 

パソコン基礎から実践まで!

 

就職・転職に有利なパソコン資格(MOS)取得

 

****************************

 

0 コメント

2016年

2月

03日

【エクセルでセルを結合しないで文字を複数セルの中央に配置】

 

作成した表の上部中央にタイトルなどを表示したい時に、表の幅に合わせてタイトルを中央に配置したいですよね。

 

 

 

多くの場合、表の横幅で使用している列幅の「セルを結合して中央揃え」でタイトルを入力する方法をとっていると思います。

 

 

 

ここでは、結合しないで複数セルの中央にタイトルを表示させる簡単な方法をご紹介します。

 

 

 

  1. データを入力し、複数セルを選択(この場合データを入力するのは一番左側のセルが良いでしょう)

  2. 選択範囲内で「右クリック」-「セルの書式設定」

  3. 「配置」タブー「文字の配置」-「横位置」-「選択範囲内で中央」を選択して「OK」をクリック

 

 

 

  • この方法なら、セルの結合と違って範囲内の列の移動も行えます!

 

0 コメント

2016年

2月

01日

【エクセルで複数の行・列を一度に挿入】

 

エクセルで表を作っていると、「あっ、1行データ入力間違えた」とか「後からここに追加したい」という事は度々有りますよね。

 

 

 

作ってしまった表に行・列を追加するのは簡単です。

 

  1. 追加したい場所の行又は列を選択

  2. 「ホーム」タブー「セル」グループー「挿入」-の中から「行」または「列」の挿入をクリック
    (選択した行・列の上で右クリックして「挿入」を選択でも可)

 

 

 

  • 複数行・列を挿入したい場合は最初に挿入したい数の行または列を選択して上記を行えば選択した数と同じ行・列が挿入されます。

 

0 コメント

2016年

1月

25日

【エクセルで0から始まる数字を入力したい2】

 

エクセルで社員番号や顧客番号など桁数が決まっていて番号の最初が0で始まる数字を入力しようと思うと左側にある0が無くなって数字だけ表示されてしまいます。

 

この場合の入力方法は2通りあります。

 

今日は「数字」として番号を入力する方法をお教えします。

 

「数字」として入力した番号は計算は出来ます。

 

 

 

  1. 入力するセルを選択(複数選択可)

  2. 選択したセルの上で右クリックし「セルの書式設定」をクリック

  3. 「表示形式」タブー「分類」-「ユーザー定義」をクリック

  4. 「種類」欄に表示する桁数だけの「0」を「0000」の様に入力し「OK

  5. 対象のセルに「1」と入力すると「0001」のように表示される

 

 

 

「文字」として入力する方法は前の記事で!

 

0 コメント

2016年

1月

24日

【エクセルで0から始まる数字を入力したい1】

 

エクセルで社員番号や顧客番号など桁数が決まっていて番号の最初が0で始まる数字を入力しようと思うと左側にある0が無くなって数字だけ表示されてしまいます。

 

この場合の入力方法は2通りあります。

 

今日は「文字」として番号を入力する方法をお教えします。

 

「文字」として入力した数字は計算は出来ません。

 

 

 

  1. 番号(数字)を入力する時に、先頭に「‘」(アポストロフィー)を入力してから番号を入力

  2. エラーを消去したい場合は、エラースマートタグをクリックし「エラーを無視」をクリック

 

 

 

 

 

「数字」として入力する方法は次の記事で!

 

0 コメント

2016年

1月

19日

【エクセルで分数を入力したい】

 

エクセルで分数を入力しようとして

 

1/2 と入力すると 12日 と日付表示になってしまったりします。

 

これはエクセルが「/」で区切った数字を日付と解釈するからです。

 

1/2と分数で表示する簡単な方法が有ります。

 

 

 

それは「0」を入力し空白を入れて「1/2」と入力します。

 

すると表示形式が「分数」となり、入力したそのままの分数「1/2」が表示されます。

 

0 コメント

2016年

1月

18日

【エクセルで同じブックのシートを同時に開く】

同じブック内(ファイル内)でもシートが複数有る場合は複数のシートを一緒に表示して見比べたいとかデータをコピーしたいという時が有りますよね。

 

でも、普通に同じブックを開こうとしても「既に開いています」というメッセージが出て開けません。

 

そういう時はエクセルから同じブックを開くという便利な機能があります。

 

 

 

    表示したいブック(ファイル)を開く

 

    「表示」タブー「ウィンドウ」グループー「新しいウィンドウで開く」をクリック

 

    「表示」タブー「ウィンドウ」グループー「整列」をクリック

 

    任意の整列方法をクリック

 

 

 

これで左右あるいは上下に同じブックが表示されるので違うシートを表示して見比べたりデータをコピーしたりが簡単に出来ますヨ!

 

0 コメント

2016年

1月

10日

【エクセルのエラーの意味】

 

セルに入力した関数や数式に誤りがあるとエラーになります。

 

エラーの意味を理解していると、対処がしやすいですね

 

エラーの種類は次の7種類が有ります。

 

 

 

#NULL!

NULL intersection
セル指定の「:(コロン)」や「,(カンマ)」がない

セル範囲に共通部分がない

#DIV/0!

DIVided by 0
0
で割り算を行った

#VALUE!

Wrong type VALUE
不適切なデータが入っている

#REF!

A REFerence to a cell that does not exist
セルが参照できない

#NAME?

Unrecognized NAME
関数名やセル範囲名などの名前が正しくない

#NUM!

An invalid NUMber
数値が大きすぎる/小さすぎる(計算結果が処理できない)

#N/A

Not Available value
値がない

 

 

 

0 コメント

2015年

4月

08日

エクセルで入力した全角の文字列を半角(英数字カタカナ)に一括変換

エクセルでデータを入力していると、あとから数字などが半角と全角と混ざってしまっているという事に気が付いた、なんていう事有りませんか?


確認しながら入力し直すのは面倒ですよね・・・


全角を半角に変えたい!
そんな時に使っていただきたいのが「ASC関数」です


=ASC(文字列)


と使い方は簡単です


【例】

A2に半角で「パソコン」と入力済とします

B2に =ASC(B2)

を入力


それ以降はオートフィルを使えばいいですね!

続きを読む 0 コメント

2015年

4月

07日

エクセルで入力した半角(英数字カタカナ)を全角の文字列に一括変換

エクセルでデータを入力していると、あとから数字などが半角と全角と混ざってしまっているという事に気が付いた、なんていう事有りませんか?


確認しながら入力し直すのは面倒ですよね・・・


半角を全角にしたい・・・そんな時に使っていただきたいのが「JIS関数」です


=JIS(文字列)


と使い方は簡単です


【例】

A2に半角で「パソコン」と入力済とします

B2に =JIS(B2)

を入力


それ以降はオートフィルを使えばいいですね!

続きを読む 0 コメント

2014年

7月

30日

【エクセルでフリガナ欄にふりがなを自動表示】

 

エクセルで氏名などを入力したのとは別のセルにフリガナ欄を作った場合、わざわざふりがなを入力しなくても、Phonetic(フォネティック)関数を使えばフリガナが自動表示されます。

 

尚、自動表示されるフリガナは漢字を入力した仮名(文字)の読みで表示されます。

 

編集したい場合は、前記事の【エクセルで表示した「ふりがな」を編集】を行いましょう!

 

続きを読む 0 コメント

2014年

7月

29日

【エクセルで表示した「ふりがな」を編集】

 

エクセルで自動表示させた「ふりがな」は、入力した仮名(文字)の読みで表示されます。

 

よって、実際の読みとは違う場合が有ります。

 

それらは編集する事が可能です。

 

  1. 「ホーム」タブ-「フォント」グループの「ふりがなの表示/非表示」ボタンの右側の▼をクリック

  2. 「ふりがなの編集」をクリック

  3. 選択しているセルのふりがなにカーソルが表示されるので編集

 

続きを読む 0 コメント

2014年

7月

07日

【エクセルで漢字に「ふりがな」を振る】

 

エクセルで住所録などを作成すると氏名のとなり「ふりがな」の列を作っている場合を良くみかけます。

 

わざわざ「ふりがな」の列を作らなくても、漢字の上に自動で「ふりがな」を表示させることが出来ます。

 

  1. 「ふりがな」をふりたいセルを範囲選択

  2. 「ホーム」タブ-フォントグループの「ふりがなの表示/非表示」をクリック

 

尚、この時に表示されるふりがなは入力した時にキーボードから入力した通りのかなが表示されます。

 

実際の読みと異なっている場合は、編集が出来ます。

 

編集については、次回!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

続きを読む 0 コメント

2014年

6月

02日

【エクセルのオートフィル機能使いこなし4】

 

連続データの入力や入力データのコピーでとっても便利な「オートフィル機能」

 

このオートフィル機能は、文字だけで無く書式のコピーも出来ます。

 

フォントやセルの色等以外にも、セルの結合もコピー出来てとっても便利です。

 

既に入力してある文字のコピーは必要無く、書式だけコピーしたい場合は、オートフィル後にオプションボタンで「書式のみコピー」を選べばOKです。

 

 

続きを読む 0 コメント

2014年

5月

29日

【エクセルのオートフィル機能使いこなし3】

 

連続データの入力や入力データのコピーでとっても便利な「オートフィル機能」ですが、既に書式設定されている文字やセルをオートフィルするとそれらの書式も一緒にコピーされてしまいます。

 

それを回避するには「オプションボタン」を使えばOKです。

 

  1. オートフィルをした後に右下に表示された「オプションボタン」をクリック

  2. 表示されたメニューから「書式なしコピー」を選択

 

続きを読む 0 コメント

2014年

5月

27日

【エクセルのオートフィル機能使いこなし2】

 

連続データの入力や入力データのコピーでとっても便利な「オートフィル機能」ですが、やってみると思った通りのデータが表示されない事が有ります。

 

その時は、「オートフィルオプション」ボタンでデータを変更すれば大丈夫です。

 

  1. オートフィルをした後に右下に表示された「オプションボタン」をクリック

  2. 表示されたメニューから「セルのコピー」「連続データ」などを選択

 

  • オプションボタンは他の処理をすると自動的に消えますが、気になる場合はESCボタンをクリックする事で消すことが出来ます。

 

続きを読む 0 コメント

2014年

5月

25日

【エクセルのオートフィル機能使いこなし1】

 

エクセルにはデータ入力の手間を軽減する為にセルのデータに応じて連続データの入力やコピーが出来る「オートフィル機能」が備わっています。

 

日付や時刻、日、週、月、干支、曜日、数字を含む文字列などのある一定の規則性を持つ連続データであれば、入力されたデータを基に自動的に継続する連続データを作成できる非常に便利な機能です。しかも、入力データの半角全角を問わずに連続データを入力できます。

 

操作方法が簡単です。

 

  1. データを入力したセルの右下にマウスポインタを合わせる

  2. そのまま、連続データまたはデータコピーしたい方向にドラッグ

 

続きを読む 0 コメント

2014年

2月

03日

【複数のセルに同じ文字を入力】

 

複数のセルに同じ文字を入力する時は、以下のように行うと簡単です。

 

 

 

  1. 複数セルを選択(CTRLを押しながらセルを選択)

  2. 文字を入力

  3. CTRL + ENTER

 

0 コメント

2014年

2月

01日

【同じ列で以前入力したデータを簡単に入力】

同じ列で入力したデータは、途中まで文字を入力すると「オートコンプリート」機能で表示されます。

しかし、これを使わなくてもショートカットキーを使うともっと簡単に出来ますヨ!

 

1.     Alt + 

2.     表示されたリストから選択

 

0 コメント

2014年

1月

31日

【以前入力したデータを一発で入力】

 

すぐ上や左のセルと同じデータを入力する場合は、「コピー/貼り付け」や「オートフィル」機能を使う場合が多いと思います。

 

しかし、これらはショートカットキーを使うともっと簡単に出来ますヨ!

 

●上のセルと同じ文字を入力

 CTRL + D

 (下へコピーなのでDownと覚えましょう)

 

●左のセルと同じ文字を入力

 CTRL + R

 (右へコピーなのでRightと覚えましょう)

 

 

 

0 コメント

2014年

1月

30日

【郵便番号の-(ハイフン)を自動入力】

エクセルの住所録を作成する時は少しでも入力の手間を省きたいものです。

そこで、郵便番号の入力を簡単にするワザを紹介します。

 

1.     郵便番号を入力するセル(列)を範囲選択

2.     「ホーム」タブより「セルの書式設定」ダイアログボックスを開く

3.     「表示形式」タブの分類「ユーザー定義」を選択

4.     種類に「000-0000」と入力し「OK

これで「2510055」と入力すると「251-0055」と表示されるようになります。

応用編として電話番号「0000000000」なども出来ますよ!

 

続きを読む 0 コメント

2014年

1月

29日

【エクセルの大きな表全体を一発範囲選択】

 

エクセルで大きな表を全部選択しようとして、マウスでドラッグしているとズルズルと違う場所まで画面があっという間に動いて、なかなか選択できない事って有りますよね。

 

そういう時は、キーボードからショートカットキーを使うと一発で表全体を範囲選択できます。

 

やり方は簡単

 

1.     表内の任意のセルを選択

 

2.     Ctrl + Shift + 
テンキーを使う場合はCtrl + 

 

 

 

試してみて下さい!

 

0 コメント

2013年

11月

04日

【エクセルの日付表示を自在に扱ってみよう】

エクセルで日付を入力すると初期状態では「○月○日」という表示となります。

例えば「11/4」と入力すると「11月4日」と表示されます。

年度を入力しない場合でも、データには当年が入力された状態になります。

いちいち漢字で「月」「日」と入力しなくても「/」や「-」で数字を区切ると日付表示になってくれるのでとても便利です。

 

これを更に進化させて、自分の思う様な年月日の表示形式に簡単に変えるのはセルの表示形式の「ユーザー設定」を使うと便利です。

 

1.     セルを選択(複数選択も可)

2.     「ホーム」タブの数値グループの詳細ボタンをクリック

3.     「セルの書式設定」ダイアログボックスの「表示形式」タブをクリック

4.     「分類」の「ユーザー定義」をクリック

5.     「種類」を以下の定義に合わせて入力

 

日付の書式記号

書式記号

説明

yy

西暦の下 2 桁を表示します。

yyyy

西暦を 4 桁で表示します。

e

年を年号を元に表示します。

ee

年を年号を元に 2 桁の数値で表示します。

g

元号をアルファベットの頭文字 (MTSH) で表示します。

gg

元号を漢字の頭文字 (明、大、昭、平) で表示します。

ggg

元号を漢字 (明治、大正、昭和、平成) で表示します。

m

月を表示します。

mm

1 桁の月には 0 をつけて 2 桁で表示します。

mmm

英語の月の頭文字 3 文字 (JanDec) を表示します。

mmmm

英語の月 (JanuaryDecember) を表示します。

mmmmm

英語の月の頭文字 (JD) で表示します。

d

日にちを表示します。

dd

1 桁の日にちには 0 をつけて 2 桁で表示します。

ddd

英語の曜日の頭文字から 3 文字 (SunSat) を表示します。

dddd

英語の曜日 (SundaySaturday) を表示します。

aaa

漢字で曜日の頭文字 (日~土) を表示します。

aaaa

漢字で曜日 (日曜日~土曜日) を表示します。

 

 

 

使用例

 

yyyy""m""d""

2013114

gge""m""d""(aaaa)

25114(月曜日)

 

続きを読む 0 コメント

2013年

10月

30日

【エクセルで入力した数値に「円」という単位をつけたい】

セルに入力した数値に「円」という単位をつけたい場合、セルにそのまま「1500円」と入力すると、そのデータは文字列として扱われ計算が出来ないデータとなってしまいます。

入力データは数値だけでも『表示形式』を変えることによって「円」が表示されても数値として扱えます。

 

    「円」をつけたいセルを選択し、右クリック。

    「セルの書式設定」を選択します。

    「表示形式」タブをクリックします。

    [分類]を「ユーザー定義」にして、「種類」に「#,###円」と入力。

続きを読む 0 コメント

2013年

10月

03日

【エクセル:キーボードで上下左右にスクロール!】

縦方向にも横方向にも広がるのがExcelのワークシート。データが増えれば増えるほど、その範囲は広がっていきます。そんな広い範囲での作業は、思った以上にセルの移動がやっかいではありませんか?

 

もっとスムーズに目的の場所に移動できたら・・・、ということで、今回はExcelで使える移動系ショートカットをご紹介します。

 

l  縦方向にスクロール

1画面分下にスクロール Pagedown 

1画面分上にスクロール Pageup 

 

l  横方向にスクロール

1画面分右にスクロール AltPagedown

1画面分左にスクロール AltPageup

0 コメント
パソコン教室 藤沢教室
パソコン教室 辻堂教室

・平塚教室・住所

 平塚市宝町3-18

 スカイビル3F

TEL 0463-73-7555

平塚駅ロータリーに面す 

平塚駅北口 MNビル隣り

アイアールパソコン教室
平塚教室の

MAPはここをクリック→

 

平塚駅北口1分 アイアールパソコン教室平塚教室
アイアールパソコン教室・平塚教室

平塚教室・営業時間

平日   9:00~17:30

土曜   9:00~16:30

日・祭日 9:30~15:10

【定休日】

木曜・奇数日曜